第11話 幸せを手にすることがこんなにも難しいことだなんて思ってもいなかった

僕の経験談
スポンサーリンク

プロポーズをした時、なんて言ったか覚えてる?

義両親へ挨拶へ行った時、どんな覚悟と決意で臨んだのか、知ってる?

結婚した時、「二人で必ず幸せになる」、「二人ならきっと何があっても乗り越えられる」そんな風に思っていたんだ。

なんでだよ

なんで不倫なんかしてんだよ

不倫なんかに逃げんなよ

「子供欲しいね」

「こんな家にしたいね」

「幸せな家庭にしたいね」

そんな話ししてたじゃん

もう、戻ることはできない

最後に、顔をしっかり見ることができたのはいつだったんだろう。

二人で心から笑い合うことができたのはいつだったんだろう。

思い描いていた幸せを手に入れることが、こんなに難しいものだったなんて思わなかった。

こんなにあっけなく、終わるだなんて思っていなかった。

ずっと隣にいると思っていた。

ずっと一緒にいると思ってた。

なんで「離婚しよう」って言ったら泣くんだよ。

「ジンほどいい人なんていないと思う」

「こんなにも色々な価値観が合う人なんて中々いないよね」

「かっこよくて、仕事しながら家事もちゃんとしてくれて、色々先のことまで考えてくれて、本当に自慢の旦那だったよ」なんて言うなよ。

なんで「もうあいつのこと好きなんだろ?」って聞いた時何も言わねえんだよ。

なんで「あいつと一緒になりたいんだろ?」って聞いた時「違う」って言うんだよ。

「好き」って言ってくれよ

「一緒になりたい」って言ってくれよ

そうじゃないとあきらめがつかないんだよ。

どうせなら、最後まで悪役でいてくれよ。

どこにこの気持ちをぶつけたらいいんだよ。

そんな泣き顔なんて見たくなかった、ずっと笑っていて欲しかった。

家族で笑いあいながら飯でも食べて

一緒に映画でもみながら酒飲んで

子供が大きくなったらたまには一緒に飲みにでもいって

また二人でのんびり旅行でもして

「あんなことも、こんなこともあったね」って笑えればよかった

そんな風になるのかなと、なんとなく思っていた。

ずーっと一緒にいたから離れることが想像できない。

離れたらどんな風になるんだろう?

想像もできない。

どれだけ辛いかなんてわからないけど、もう一緒にいることはできない。

出会ったこと、付き合ったこと、結婚したこと

どれ一つも後悔していない

出会えて良かったと思ってる

付き合えて良かったと思ってる

短い期間だったけど結婚できてよかったと思ってる

ありえないって思われるかもしれないけど、幸せになってくれればないいなって思ってる。

ありがとう。